ASX、シンガポールに事務所開設へ-ヘッジファンドに秋波

オーストラリア証券取引所を運営す るASXは、年内にシンガポールに事務所を開設し人材を募集する。ア ジアのヘッジファンドや自己勘定取引のトレーダー向け事業の拡大を探 る。

ASXのピーター・ヒオム副最高経営責任者(CEO)は1月31日 にインタビューに応じ、シンガポールの事務所は「重要な拠点になる」 とし、デリバティブ(金融派生商品)に照準を定めることを明らかにし た。その上で「東南アジアには、われわれがまだ手を付けていない好機 がある」と述べた。

国内で現物株式取引が停滞する中で、ASXはすでに最大の収入源 となっているデリバティブ事業の拡大に動いている。バークレイズは先 月、投資家調査を引用し、今年のヘッジファンドへの資金流入が25%増 えて2007年以来最大に達すると指摘。アジア市場でシェア争いをしてい るドイツ取引所の部門と先物市場運営最大手の米CMEグループは、シ ンガポールに事務所を構えている。

ASXは約3年前にシンガポール取引所から統合案が提示された が、スワン豪財務相(当時)が国益にならないとして同案を拒否してい る。

原題:ASX to Open Singapore Office in 2014 to Lure Hedge Fund Cash (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE