バークレイズ、NYとロンドンの商品部門で人員削減-関係者

資産規模で英2位の銀行、英バーク レイズは債券・通貨・商品(FICC)関連の業務縮小の一環として、 ロンドンとニューヨークの商品部門で人員削減を進めている。事情に詳 しい2人の関係者が明らかにした。

商品ストラクチャリング担当マネジングディレクターのバラス・マ ニアム氏、商品指数事業担当マネジングディレクターのポール・ジャク マン氏、金属担当プロダクトマネジャーのジョナサン・スポール氏(ロ ンドン在勤)、ロンドン在勤アナリストのスダクシナ・ウニクリシュナ ン氏が同行を去る。こうした動きは非公表だとして、同関係者が匿名を 条件に語った。

関係者のうち1人によると、電力・ガスのトレーディング責任者パ トリック・バロウキ氏(ロンドン在勤)、米州の商品ストラクチャリン グ責任者でマネジングディレクターのフィリップ・カマー氏(ニューヨ ーク在勤)、ロンドン在勤アナリストの羅莎氏も退社した。バークレイ ズの広報担当者ジョン・レイコック氏はコメントを避けた。

原題:Barclays Said to Cut Jobs in Commodities From London to New York(抜粋)

--取材協力:Ambereen Choudhury、Chou Hui Hong、Nicholas Larkin、Anna Shiryaevskaya. Editors: Claudia Carpenter, Whitney McFerron

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE