菱地所:鹿島施工不具合、損失請求へ-南青山高級物件の販売中止で

三菱地所レジデンスの販売していた 東京・青山の高級マンション「ザ・パークハウス グラン 南青山高樹 町」に工事の不具合が見つかり、同社は契約者への引き渡しを断念し て、販売を中止した。三菱地所は施工した鹿島に損失を請求する方針を 明らかにした。

三菱地所レジデンスがブルームバーグに対し電子メールで説明した ところによると、昨年12月にネット掲示板に不具合に関する書き込みが あり、調査の結果、壁や床の配管用貫通孔が施工されていなかったり、 位置が間違っていたりする欠陥が判明。3月20日としていた引き渡し日 を4、5カ月延期することも検討したが、新たに梁にも問題が見つか り、是正には長期間を要し、引き渡しは1年以上遅れると最終的に判 断。

同社は「責任をもって引き渡しできない」として、契約者に対して は合意解約を要請し、協議を進めている。販売された86戸のうち83戸が 契約済みという。このマンションの施工を請け負ったのは鹿島で、機械 設備協力会社は関電工、電気設備協力会社は浜野電設。

鹿島は契約者や三菱地所レジデンスに対し、「多大な迷惑をお掛け し心よりお詫び申し上げる。二度とこのような事例を引き起さないよう に施工管理の徹底を図って行く」と、ブルームバーグ・ニュースに対し 電子メールでコメントした。関電工の野本隆史広報担当は、「状況把握 中」のためコメントを控えるとしている。

三菱地所広報担当の渡辺昌之氏は電話取材に対し、鹿島に損失を請 求する方針を明らかにしたが、請求額はまだ決まっていないという。同 社広報部の金森千佳氏によると、このマンションは販売価格が最高3 億5000万円、最多価格帯で1億4000万円台。都心のフラッグシップマン ション「ザ・パークハウス グラン」シリーズの第1弾として売り出さ れた。

報道を受けて、鹿島株は一時7.9%安の352円で、13年9月6日以来 の日中安値をつけた。三菱地所株は2.9%安の2471円まで下げた。関電 工株は10%安の470円まで下げた。下げ幅は11年3月以来の大きさ。

--取材協力:日向貴彦 Editors: 持田譲二, 上野英治郎

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE