ユーロが対ドル10週ぶり安値付近、追加緩和観測-ドル102円台

東京外国為替市場では、ユーロが対 ドルで約10週間ぶり安値付近で推移した。域内のインフレ鈍化を受け、 欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測が浮上していることがユー ロの重しとなった。

一方、円は早朝に対ユーロで約2カ月ぶり高値を付けた後、下げ渋 り、対ドルでも1ドル=101円台後半から102円台前半へ値を切り下げ た。新興国通貨不安がくすぶる半面、今週は米国で雇用統計など主要な 経済指標の発表があり、量的緩和縮小ペースを占う上で鍵となる米景気 動向を見極めたいとの雰囲気が強かった。

午後4時5分現在のユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.3497ドル前 後。一時1.3480ドルを付けるなど、前週末に付けた昨年11月22日以来の ユーロ安・ドル高水準(1.3479ドル)付近での推移が続いた。

みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、「前回の ECB会合でもインフレが追加緩和を考える理由の一つとドラギ総裁が 示している」とし、「伝統的な金融政策である政策金利がほぼゼロにな った中で、総裁が非伝統的なところをどうひねり出してくるかが大変注 目されるところだ」と語った。

ユーロ・円相場は早朝に一時1ユーロ=137円42銭を付け、前週末 に付けた昨年12月5日以来の円高値を更新。その後円売りが強ま り、138円11銭まで値を戻したが、日本株がじりじりと下げ幅を拡大す る中で、午後には137円台後半まで値を切り下げた。ドル・円相場も早 朝に101円90銭を付けた後、102円41銭まで円売りが進んだが、午後に は102円10銭付近まで値を戻した。

欧米に焦点移行

鈴木氏は、朝方の円の上昇は「おそらくFX(外国為替証拠金)取 引などのストップなどが中心」だったとし、「基本的には動意がないと いうのが実際のところ」と指摘。ドル・円については「依然、短期下落 トレンドの中にいる」とした上で、1月下旬以降は新興国の動向が市場 を揺るがしてきたが、「欧米の復活」が昨年からの楽観論を支えてきて いるだけに、今週はECB会合や米雇用統計など「欧米の方に焦点が移 る」と語った。

3日の東京株式相場は続落。日経平均株価は300円近い下げとなっ た。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が先週末発表した1月 のユーロ圏消費者物価指数(速報値)は前年同月比0.7%上昇と、昨 年12月の同0.8%上昇から伸びが鈍化し、エコノミスト調査の中央値 (同0.9%上昇)を下回った。ECBのドラギ総裁は昨年11月、インフ レ率が0.7%に低下したことを受け、政策金利を過去最低の0.25%に引 き下げた。このため、市場ではECBが6日の政策決定会合で追加緩和 に動くとの観測が浮上している。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラ テジストは、「われわれのメーンシナリオは今回は利下げは見送る」と しながらも、米国が順調に金融緩和からの出口戦略を進める一方で、ユ ーロ圏で「ディスインフレが続けば、場合によっては追加金融緩和の可 能性もある」と指摘。ユーロ・ドルは「戻り売りだと思う」と語った。

米経済指標

今週はECBの他に、オーストラリア準備銀行とイングランド銀行 もそれぞれ3日と6日に金融政策を発表する。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、3日発表の 1月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数は56と昨年12月の56.5 から低下する見通し。また、7日発表の1月の米雇用統計では、非農業 部門雇用者数の伸びが18万人と予想されている。

上田ハーロー外貨保証金事業部の山内俊哉氏は、先週末発表された シカゴ製造業景況指数などを見る限り、ISM指数については「それほ ど心配する結果にはならなさそう」だとし、ドル・円が101円を割り込 んで円高が進むことはないと予想。もっとも、新興国不安がくすぶる 中、目先はクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)で円が強含みで推移 する可能性が高く、「ドル・円の戻りは鈍い状態」が続くとの見方を示 した。

国際通貨基金(IMF)は31日、一部の途上国は「ファンダメンタ ルズ(経済の基礎的諸条件)を改善する」措置を講じる必要があるとの 見解を示した。先週末はチリ・ペソとハンガリー・フォリントが対ドル で1%以上下落したほか、ポーランド・ズロチが1%近く値下がりし た。新興国不安から31日の米国債相場は上昇、米国株は反落した。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が2日発表した中国の1月の 非製造業購買部担当者指数(PMI)は53.4と先月の54.6から低下し た。これに先立ち1日に発表された1月の製造業PMIは50.5と半年ぶ り低水準となった。

--取材協力:Masaki Kondo. Editors: 青木 勝, 山中英典

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE