ユーロが対ドル10週ぶり安値付近、追加緩和観測-ドル102円台

東京外国為替市場では、ユーロが対 ドルで約10週間ぶり安値付近で推移した。域内のインフレ鈍化を受け、 欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測が浮上していることがユー ロの重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。