日本株3カ月ぶり安値、新興国懸念と決算選別-全業種下げる

東京株式相場は3営業日続落し、お よそ3カ月ぶりの安値となった。新興国市場の混乱に対する警戒感が重 しとなり、証券や銀行など金融株、電力や情報・通信、輸出関連セクタ ーを中心に東証1部33業種は全て安い。個別でも、NTNやTDKなど 決算失望銘柄の下げがきつかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。