NY外為:ドル下落、一時100円台-ISM指数が景気鈍化示唆

ニューヨーク外国為替市場ではドル が下落。ドル指数は3週間ぶりの大幅安となった。米供給管理協会 (ISM)の製造業景況指数が低下し、金融当局が資産購入プログラム の縮小を続けられるほど景気が力強いのか懐疑的な見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。