ロシア・ルーブル、月間で12年以来最大の下落

31日の外国為替市場でロシア通貨ル ーブルが下落。月間ベースでは2012年5月以来で最大の下落率を記録し た。中国経済鈍化の兆しや米国の金融緩和縮小で新興国から資金流出が 加速したことが背景にある。

ロシア中央銀行の市場操作が終了するモスクワ午後6時までの時点 で、ルーブルはドルとユーロで構成する通貨バスケットに対し、前日 比0.8%安の40.8273ルーブル。月間ベースでは5.8%の下落と、12年5 月以来で最悪のパフォーマンスとなった。ルーブル建て国債(2027年2 月償還)利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ て8.41%となり、月間では51bp上昇した。

中国の経済成長が減速しつつあるとの懸念や米連邦準備制度理事会 (FRB)が金融緩和の縮小を開始したことを受けて、新興国通貨が急 落。トルコと南アフリカ共和国、インドは1月最終週に利上げに動かざ るを得なくなった。

原題:Ruble Drops to Worst Month Since 2012 Amid Emerging-Market Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE