タイ総選挙:1万カ所で投票妨害-結果確定は数カ月先か

2日のタイ総選挙は反政府デモ隊の 妨害にもかかわらず、約90%の投票所で有権者の投票が行われたが、選 挙結果は数カ月間確定しない可能性がある。

選挙管理委員会のプチョン事務局長によると、全国9万3952の投票 所のうち8万3669カ所で投票が実施された。首都バンコクの一部でデモ 隊と有権者の小競り合いがあった。

タイ総選挙は2006年のクーデター以降で3回目。今回の選挙でイン ラック首相退陣などを求めるデモが鎮まることはなさそうだ。デモ隊の 妨害で候補者登録ができなかった選挙区で再選挙が行われるまで開票結 果は発表されない。主要野党の民主党は選挙をボイコットした。

ワン・アセット・マネジメント(バンコク)のウィン・ウドムラチ タバニッチ最高経営責任者(CEO)は「選挙で政治の手詰まり状態が 打開されることはない」と指摘。「私を含む多くの人が投票できなかっ たため、新政権発足に少なくとも6-8カ月かかるだろう」と語った。

公式データによると、デモが始まった昨年10月31日以来、世界のフ ァンドはタイの債券・株式から約47億ドル(約4800億円)を引き揚げ た。ブルームバーグのデータによれば、この期間に通貨バーツは対ドル で5.6%下落し、主要株価指数のSET指数は約14%下げた。

原題:Thai Vote Fails to Ease Tensions as Protesters Disrupt Election(抜粋)

--取材協力:Chris Blake、Yumi Teso、Margo Towie. Editors: Rosalind Mathieson, Tony Jordan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE