NY原油(31日):反落、新興市場国の景気悪化リスクを警戒

ニューヨーク原油先物相場は反落。 前日に付けた年初来高値から下げた。新興国で景気が悪化するとの懸念 から売りが広がった。

USバンク・ウェルス・マネジメントの投資担当シニアストラテジ スト、ロブ・ハワース氏(シアトル在勤)は「原油と世界市場の相関関 係がやや強まっている。新興市場に関する懸念が原油市場にも広がりつ つある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比74セント(0.8%)安の1バレル=97.49ドルで終えた。

原題:WTI Oil Falls on Emerging-Market Risk as Discount to Brent Slips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE