NY外為(31日):円が新興市場通貨に対し上昇-月間も上げ

ニューヨーク外国為替市場では、円 が新興市場通貨に対して上昇。月間ベースでも値上がりとなった。新興 市場通貨への売り浴びせを受けキャリー取引の解消が進んだほか、逃避 需要で円が買われた。

ユーロはドルに対し昨年11月22日以来の安値に下落。12月の米個人 消費支出は予想以上の伸びを示した。一方でユーロ圏の1月のインフレ 率は予想外の低下となった。欧州中央銀行(ECB)は来週、政策決定 会合を開く。チリ・ペソとハンガリー・フォリントは対ドルで下落し た。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は顧客リポートで、「週末を控えて再びリスクオフの傾向が広がり つつあり、円やドルを支える格好となっている」と分析。新興市場通貨 に関しては「現実的な改善は見られない。むしろハンガリー・フォリン トやポーランド・ズロチ、チリ・ペソなどが安値を更新しており、他の 通貨への感染の兆候が強まっている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円はドルに対し前日比0.7%高の 1ドル=102円04銭。月間では3.1%高と、2012年4月以来の大幅な上昇 率となった。ドルは対ユーロで0.5%高の1ユーロ=1.3486ドル。月間 では1.9%高と、2月以降で最大の上げ。円は対ユーロで1.2%上昇の1 ユーロ=137円63銭。月間では5.2%高となった。

新興市場通貨

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数はほぼ変わらずの1031.57。月間では1.2%上昇と、09年1月以 降で最大の上げ。

BRICS(ブラジルとロシア、インド、中国、南アフリカ共和 国)通貨の加重平均バスケットは円に対し105.7に下落し、29日の水準 にほぼ並んだ。同日は昨年11月13日以来の低水準に下げていた。

対円では特にチリ・ペソ、フォリント、ルーブル、ズロチの下げが 目立った。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏は「世界的にキャリー取引は行き過ぎた面があり、現在 著しい解消の動きが出ている」と指摘。「その影響で円の需要が高まっ ている」と続けた。

JPモルガンの新興市場ボラティリティ指数は10.2%。29日に は10.4%と、9月以来の高水準を付けた。

日本のインフレ率

日本の総務省がこの日発表した12月の全国消費者物価指数(生鮮食 品を除いたコアCPI)は前年同月比1.3%上昇した。ブルームバー グ・ニュースがまとめた市場予想の中央値は1.2%上昇だった。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏(ロンドン在勤)は「日本の経済指標改善は、日 本銀行が今春に追加緩和を実施する可能性が低下することを示唆する」 とし、「新興市場での混乱も数週間は引き続き材料視される可能性があ り、短期的に円をある程度支援するだろう」と述べた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると円は1月に5.5%高と、12年5月以降で最大の上げ。ドルは1.9% 上昇し、ユーロは0.2%下げた。

原題:Yen Extends Rally Versus Emerging-Market Currencies; Euro Falls(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、小宮弘子、Candice Zachariahs、Kevin Buckland、Max Julius、Anchalee Worrachate. Editors: Kenneth Pringle, Paul Cox

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE