ラッセルのチーフエコノミストが死亡、自殺か-米ワシントン州

ラッセル・インベストメンツのチー フエコノミスト、マイク・デューカー氏が米ワシントン州のタコマナロ ーズ橋に続く幹線道路の脇で死亡しているのが見つかった。50歳だっ た。同州ピアス郡の捜査当局が明らかにした。

同郡で捜査を担当するエド・トロイヤー氏が30日述べたところによ れば、デューカー氏は4フィート(約1.2メートル)のフェンスを乗り 越え40-50フィート下に転落したもようで、自殺とみられる。同氏の行 方が分からなくなっていることが29日に判明し、捜索が行われていた。 トロイヤー氏はデューカー氏が仕事上の問題を抱えていたと話したが、 詳細には言及しなかった。

ラッセル広報担当のジェニファー・タイス氏は、同社においてデュ ーカー氏は優秀だったと説明したが、デューカー氏の仕事に関するトロ イヤー氏の発言についてはコメントを控えた。

原題:Russell Investments Chief Economist Dueker Found Dead by Bridge(抜粋)

--取材協力:Jeff Kearns. Editors: Dan Reichl, David Scheer

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE