新興国の通貨防衛で米財務省証券保有高が減少-豪銀が指摘

新興国が米国債売却を通じ手にした 資金で自国通貨の一段安阻止を余儀なくされているため、米連銀が保管 する外国の中央銀行保有の米財務省証券が減少している-。オーストラ リアのウエストパック銀行がこう指摘した。

米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した週間統計によると、29 日終了週の外国中銀保有の米財務省証券は210億ドル(約2兆1500億 円)減少と、昨年6月26日終了週以来の大きな減少幅を記録した。新興 国20通貨の相場を示す指数は1月に2.8%下落。米国の大規模な金融緩 和策が米ドル安の一因となったが、その緩和策の縮小に投資家が反応し た。

ウエストパック銀の通貨ストラテジスト、ショーン・キャロー氏 (シドニー在勤)は31日の顧客向けリポートで、「この1週間で新興国 通貨への圧力が加速したことが分かりやすく示されている」と説明、 「多くの中銀が外貨準備を使って自国通貨を防衛することを強いられて いる」とコメントした。

原題:Currency Defense Depleting Official Treasury Stock, Westpac Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE