世界の債券は08年以来の好発進、弱気派の意表突く-株大幅安

債券相場が上昇し、株価が下落する など、今年の世界の金融市場はほとんど誰も予想しなかった波乱の幕開 けとなった。アトランタで雪が降ったのも波乱の年を暗示している。

世界の確定利付き債の1月のリターンは2008年以来で最高を記録。 株価は10年以来最大の下げとなっている。13年に28%下落し、死んだも 同然とあきらめられた金相場は反発している。

米連邦準備制度理事会(FRB)の債券購入縮小方針や世界経済の 加速を受け、14年は債券市場を避けて株式市場に賭けるのが安全確実な 投資と見なされていた。しかしその後、米雇用の伸び悩みを示す統計が 発表されたのに続き、中国やアルゼンチンなどの新興市場の混乱も発 生、周到に練った投資戦略でさえ大打撃を受けている。

米調査会社レアビュー・マクロの創設者ニール・アズース氏は今 月29日のインタビューで、「意表を突かれたのは間違いない」と述べ た。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ・グローバル・ブ ロード・マーケット指数の今月のリターンは29日時点でプラス1.4%。 MSCIオールカントリー・ワールド指数はマイナス3.5%。金はプラ ス3.3%。金属や燃料、農産物などの商品で構成されるスタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)GSCIトータルリターン指数はマイナ ス0.9%。ブルームバーグ・ドル・スポット指数はプラス1.1%。

「異常な1月だった」と語るのはUSトラスト・バンク・オブ・ア メリカ・プライベート・ウェルス・マネジメントのチーフ市場ストラテ ジスト、ジョゼフ・クインラン氏だ。同氏は「FRBの緩和縮小という 剣が峰にわれわれはちょうど立っている。最初から疑問視されてきた新 興市場は低迷し、その真っただ中にある」と指摘した。

原題:Bonds Prove Bears Wrong in Best Start Since 2008 as Stocks Tank(抜粋)

--取材協力:John Detrixhe、Lu Wang、Callie Bost. Editors: Robert Burgess, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE