プジョー:創業家が東風汽車などへの割当増資を承認-関係者

フランスのプジョーシトロエン( PSA)の創業家は、30億ユーロ(約4200億円)の増資に向けた計画の 一環として仏政府と中国の自動車メーカー、東風汽車の出資受け入れに 同意した。事情に詳しい2人の関係者が匿名を条件に明らかにした。

関係者によると、プジョー家傘下の持ち株会社2社が取締役会を今 週開き、東風汽車と仏政府を割当先とする増資計画を承認した。自動車 メーカーで欧州2位のPSAが20日発表した計画の実施には、資本 の25.5%と議決権の38.1%を持つ創業家の同意が不可欠だった。

118年の歴史があるPSAは、欧州の自動車需要低迷による業績悪 化から資本増強を計画。今回の調達予定額は同社時価総額の73%に相当 する。同社広報担当のジャンバチスト・トマ氏によると、増資を実行に 移すには年次総会に出席した株主の66%の支持が必要。

原題:Peugeot Family Said to Back Stake Sales to Dongfeng, France (2)(抜粋)

--取材協力:Aaron Kirchfeld. Editors: Chad Thomas, Sara Marley

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE