米ブラックロックがトルコの金融株を選好-PBR1倍割れ

世界最大の資産運用会社である米ブ ラックロックは、トルコの金融株への投資を選好していることを明らか にした。16銘柄で構成するイスタンブール銀行株指数の株価純資産倍率 (PBR)は5年ぶりに1倍割れとなった。

ブルームバーグのデータによると、同指数のPBRはイスタンブー ル時間30日午後3時7分(日本時間同10時7分)現在、0.98倍に低下。 1倍割れは0.96倍となった2009年1-3月(第1四半期)以来。

トルコでは、資金の貸し手への圧力が高まっている。トルコ中央銀 行は今週の緊急会合で政策金利の一つである1週間物レポ金利を4.5% から10%に引き上げたほか、今年初めには個人への与信規制が導入され た。ブラックロックによれば、利上げにより同国と中銀への投資家の信 頼回復が見込まれるという。

ブラックロックのポートフォリオマネジャー、サム・フェヒト氏は トルコ中銀の会合後に電子メールで、「われわれは金融株を中心にトル コをオーバーウエイトとしている」と指摘。利上げは短期的にトルコ経 済を減速させると予想した。

ブルームバーグがまとめたデータによると、トルコの国有銀行ハル ク銀行の株価は過去1週間で10%余り下落し、欧州の新興市場でパフォ ーマンスが最も弱い銀行株の一つとなっている。イスタンブール証券取 引所への29日の届け出によると、ブラックロックはハルク銀行株16 万5000株を購入し保有比率を5%に引き上げた。同社はトルコ政府に次 ぐ2位の株主となっている。

テラ・ブローカーズ(イスタンブール)のアナリスト、ハサン・デ ミール氏は30日の電子メールで、バリュエーション(株価評価)が08年 9月の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻後以来の低水準 になったことに言及し、「われわれは現在のバリュエーションが特に銀 行株について底値買いの妙味がある水準だと考えている。私の見方では ハルク銀行は本当に割安だ」と指摘した。

原題:BlackRock Bets on Recovery as Turkish Banks Fall Below Book (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE