NY原油先物時間外:3週連続で上昇か-米景気拡大を好感

ニューヨーク原油先物相場は31日の 時間外取引で今年に入っての最高値近辺で推移。週間ベースでは3週連 続の上昇になりそうだ。米国の消費者の支出が増えており、景気を押し 上げていることを好感した。

前日の通常取引は0.9%上昇し、1カ月ぶりの高値となった。米商 務省が発表した昨年10-12月期(第4四半期)の国内総生産(GDP) は年率3.2%増だった。ブルームバーグ・ニュースの調査によると、石 油輸出国機構(OPEC)の今年1月の産油量はアンゴラの減産などで 約2年ぶりの低水準まで減少した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシドニ ー時間午前10時44分(日本時間同8時44分)現在、11セント安の1バレ ル当たり98.12ドルで推移。前日の通常取引は87セント高の98.23ドルで 引けた。全先物限月の取引高は100日平均を約73%下回った。今週の上 昇率は1.5%で1月の下落率は0.3%。

原題:WTI Crude Heads for Third Weekly Gain as U.S. Economy Expands(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE