南アのプラチナ鉱山業界スト、拡大か-別の労組が開始を計画

南アフリカ共和国では、世界のプラ チナ生産大手3社で鉱山労働者がストライキに入っている。別の労働組 合がアングロ・アメリカン・プラチナムの精錬所と製錬所でストを計画 しており、ストは拡大する可能性がある。

南ア全国金属労働者組合(NUMSA)の基礎金属・エネルギー部 門の責任者、スティーブン・ヌラポ氏は30日の電話インタビューで、31 日にストについて通達する予定であることを明らかにした。同労組は最 大10%の賃上げと最低賃金を2500ランド(約2万3000円)引き上げるよ う求めている。

南アでは、鉱山労働者・建設組合連合(AMCU)がアングロ・ア メリカン・プラチナムとインパラ・プラチナム・ホールディングス、英 ロンミンの鉱山労働者に対し23日からストに入るよう呼び掛け、プラチ ナ生産が減少している。南アは世界のプラチナ供給の約70%を占める。

ヌラポ氏によると、NUMSAはアングロ・アメリカン・プラチナ ムの精錬所と製錬所の労組としては最大で、これらの事業所で1800人が 加盟している。労働者の最低賃金は5000-6000ランド。同社が23日に発 表した文書によれば、これらの事業所はAMCUによるストの影響は受 けていない。

原題:South Africa’s Platinum Strike to Spread as Second Union Joins(抜粋)

--取材協力:Kevin Crowley. Editors: Ana Monteiro, Hilton Shone

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE