米ジンガ:10-12月期は赤字額が縮小-人員削減と買収を発表

ソーシャルゲームの米ジンガは、従 業員を15%削減するとともに技術開発会社の買収に5億2700万ドル (約540億円)を投じる。テレビゲーム事業の立て直しに取り組む同社 が発表した昨年10-12月(第4四半期)決算は赤字額が縮小した。

30日の発表資料によると、代表的なゲームに農場経営シミュレーシ ョンゲーム「ファームビル」などがあるジンガはサンフランシスコの本 社を中心に約314人を削減する。同社は英国のナチュラルモーションを 現金3億9100万ドルとジンガ株3980万株で買収することも明らかにし た。29日終値に基づくと、ジンガ株は1億3600万ドルに相当する。

昨年7月にマイクロソフトからジンガに移籍したドン・マトリック 最高経営責任者(CEO)はスマートフォン(多機能携帯電話)やタブ レット端末向けゲームに事業の軸足を移している。ジンガはナチュラル モーション買収により、人気が高いモバイルゲーム「CSRレーシン グ」と「クラムジー・ニンジャ」を取得することとなる。

発表を受け、ジンガの株価は時間外取引で一時24%高の4.40ドルと なった。通常取引終値は前日比4.1%高の3.56ドル。

資料によると、昨年10-12月期の純損益は2520万ドル(1株当たり 3セント)の赤字。前年同期は4860万ドル(同6セント)の赤字だっ た。ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の予想平均は1株当たり 4セントの赤字。売上高は1億7640万ドルで、アナリスト予想の1 億8330万ドルに届かなかった。

原題:Zynga Buys Rival to Bolster Role in Mobile Games, Cuts Jobs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE