米ブロードコムの10-12月期:売上高と利益が市場予想上回る

米半導体メーカー、ブロードコム の10-12月(第4四半期)の利益と売上高は市場予想を上回った。無線 ネットワーク用半導体の売り上げが寄与した。

30日の発表資料によると、売上高は20億6000万ドル(約2120億 円)、一部経費を除いた1株利益は60セントとなった。ブルームバーグ が集計したアナリストの予想平均は売上高が20億2000万ドル、1株利益 が58セントだった。

ブロードコムは携帯端末を無線通信ネットワークにつなぐ新しい半 導体の投入が遅れているが、通信制御用半導体の需要拡大がこれを補っ ている。新高速通信規格であるLTEに携帯電話システムを対応させる 動きを背景に通信制御用半導体の需要は伸びている。

ブロードコムによれば、10-12月期の純利益は前年同期比33%減の 1億6800万ドル(1株当たり29セント)となった。前年同期は2億5100 万ドル(同43セント)だった。

1-3月(第1四半期)売上高見通しは19億-20億ドルとした。ブ ルームバーグの集計データによると、市場予想の平均は19億7000万ド ル。

発表を受け、ブロードコムの株価は時間外取引で上昇している。通 常取引終値は1.8%高の29.21ドルだった。

原題:Broadcom’s Fourth-Quarter Sales, Profit Top Analysts’ Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE