1月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが対ユーロ5日続伸-米GDPは個人消費の伸び示す

ニューヨーク外国為替市場では、ドルがユーロに対し5営業日続 伸。この日発表された米国内総生産(GDP)では個人消費の伸びがこ こ3年で最大となった。また米連邦公開市場委員会(FOMC)は前 日、債券購入額の縮小を決定した。

ハンガリー・フォリントは下落。一方で同じ新興市場通貨である南 アフリカ・ランドやブラジル・レアルは上昇した。ドイツの1月のイン フレ率は予想に反して前月から横ばいとなり、物価上昇圧力の抑制が示 唆され、ユーロは下落した。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デン ジャーフィールド氏は「新興市場で発生している大量の売りが先進国市 場への資金の流れを強めつつあり、ドルはその恩恵を受けている」と指 摘。「新興市場で起きていることは、外為市場を動かすより大きな要因 になっているのは確実だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比0.8%上 昇の1ユーロ=1.3555ドル。昨年11月1日以降で最長の連続高となっ た。対円では0.4%上げて1ドル=102円72銭。ユーロは対円で0.4%下 げて1ユーロ=139円23銭。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.4%上げて1030.80。前日は1025.05と、14日以来の低水準 を付けた。

フォリント、ランド

フォリントは続落。ハンガリー中銀金融政策委員会のプレシンガー 委員は29日、フォリントは「あまりに急速かつ大幅」に下げていると指 摘。中銀はフォリントの動きおよび市場環境を注視していると述べた。

フォリントはドルに対し0.9%安の1ドル=228.24フォリント。一 時1.6%安の229.97フォリントと、9月6日以来の安値を付けた。

ブラジル・レアルは1.1%高の1ドル=2.4094レアル。上昇率は10 日以降で最大。

南アフリカ中銀は前日、市場予想に反して政策金利を引き上げた。 利上げはトルコやブラジルに続く動き。ランドは対ドルで1%高の1ド ル=11.2099ランド。一時0.7%安の11.3909ランドと、08年10月以来の 安値を付けた。前日は2.5%下げていた。

ピアポント・セキュリティーズ・ホールディングスのグローバルス トラテジスト、ロバート・シンチ氏は、こうして利上げしても、その後 に続くべき根本的変化や政策の変更がなければ、利上げの「効果はな い」と述べた。

米GDP

米商務省がこの日発表した第4四半期の実質GDP(季節調整済 み、年率)速報値は前期比3.2%増加。伸びはブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミストの予想中央値と一致した。第3四半期 は4.1%増。経済全体のほぼ7割を占める個人消費は3.3%増と、2010年 第4四半期以降で最大の伸びとなった。GDPの発表を受け、ドルは上 げを拡大した。

FOMCは前日、毎月の債券購入額を従来より100億ドル縮小 し、650億ドルとすると発表。米連邦準備制度理事会(FRB)のバー ナンキ議長の下で講じた前例のない緩和策を段階的に引き揚げる計画を 堅持した格好だ。

コメルツ銀行のシニア通貨ストラテジスト、ピーター・キンセラ氏 (ロンドン在勤)は「緩和縮小は予想通りだ。また興味深いことに、 FOMCは新興市場の状況にほとんど注意を向けなかった」と指摘。 「これは新興市場から米国への顕著な負のフィードバックループが生じ なければ、FOMCは政策変更を検討しないこと意味している」と述べ た。

原題:Dollar Strengthens Versus Euro as Spending Rises After Fed Taper(抜粋)

◎米国株:S&P500種は週間の下げ埋める、企業決算や個人消費で

30日の米国株は反発。S&P500種株価指数は今週の下げを埋め た。フェイスブックや住宅建築のパルトグループなどの企業利益が予想 を上回ったほか、実質国内総生産(GDP)統計で個人消費の回復が示 されたことが寄与した。

フェイスブックは急伸。昨年10-12月(第4四半期)の広告収入の うち半分以上はモバイル端末からだった。投資会社ブラックストーン・ グループやスポーツウェアメーカーのアンダー・アーマーも上昇。利益 が予想を上回ったことが買い材料だった。S&P500種産業別10指数は いずれも上昇。米商務省が発表した昨年10-12月(第4四半期)の GDP(季節調整済み、年率)速報値は前期比3.2%増加。個人消費は 3年ぶりの大幅な伸びだった。

S&P500種株価指数は前日比1.1%高の1794.19で終了。ダウ工業 株30種平均は109.82ドル(0.7%)上昇して15848.61ドルで終えた。

JPモルガン・ファンズのチーフ・グローバルストラテジスト、デ ービッド・ケリー氏は、「この勢いとここ最近急速に低下している失業 率を考えると、米金融当局が前日決定した債券購入の縮小は適切だった ようだ」と述べ、「新興市場でのボラティリティーが低下したとする と、GDP統計の内容は金利上昇と株価上昇の両方の見方を強めるもの になるだろう」と続けた。

米国の主な株価指数は月間ベースで昨年8月以来初の下落となりそ うだ。新興市場の混乱が背景にある。

米国のGDP

第4四半期GDPの伸びはブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミストの予想中央値と一致した。第3四半期のGDPは4.1%増だ った。経済全体のほぼ7割を占める個人消費は第4四半期に3.3%増。 伸びは市場予想(3.7%増)を下回った。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は34万8000件と、前週の32万9000件(速報値32万6000件)から1万9000 件増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の 中央値は33万件だった。

昨年12月の米中古住宅販売成約指数が予想以上に落ち込んだことが 示されると、米国株は一時上げ幅を縮小した。中古住宅販売は金利上昇 や悪天候の影響を受けた。

BTIGのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ダン・グリーン ハウス氏は「政府が歳出を削ってもGDPの伸び率が3%を上回ったと いう事実は、間違いなく明るい材料だ」と述べ、「新興市場をめぐる懸 念が中心材料だ。この懸念が引き続き封じ込められている限り、株の下 げも限定的だろう」と続けた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)はこの日0.4%低下して17.29だった。VIXは年初から26%上 昇した。

フェイスブックが急伸

フェイスブックは14%高。10-12月期の売上高は25億9000万ドル と、前年同期から63%増加。ブルームバーグがまとめたアナリストの予 想平均は売上高23億5000万ドルだった。一部項目を除いた1株利益は31 セント、アナリストの予想平均は1株利益27セント。

パルトグループは1.8%高。10-12月期の純利益は2億2010万ドル (1株当たり57セント)と、前年同期の5870万ドル(同15セント)から 増加した。アナリスト19人の予想平均によると、1株当たり利益は46セ ントだった。

グーグルは2.6%上昇。世界最大のパソコン(PC)メーカー、中 国のレノボ・グループ(聯想集団)がグーグルの携帯端末部門モトロー ラ・モビリティを29億1000万ドルで買収することで合意した。グーグル は29日の発表資料で、売却に伴い現金とレノボ株で14億1000万ドル、3 年物約束手形で15億ドルを得ると説明した。

原題:S&P 500 Erases Decline for Week on Earnings, Consumer Spending(抜粋)

◎米国債:下落、2種類の固定利付債入札が重し-逃避需要で下値限定

米国債相場は下落。10年債利回りは前日に付けた2カ月ぶりの低水 準から上昇した。発行総額640億ドルの中期債入札が実施される中、売 りが優勢になった。同じ日に2種類の固定利付債が発行されるのは2008 年10月以来で初めて。

1週間に及ぶ新興市場資産の下落により、安全な逃避先としての需 要が根強く、米国債の下げは限定的となった。この日の5年債と7年債 の入札を含め今週の発行総額は1110億ドル。朝方発表された第4四半期 の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値が前期 比3.2%増加したことも売り材料。

ウィリアムズ・キャピタル・グループの債券取引責任者、デービッ ド・コード氏(ニューヨーク在勤)は質への逃避もあったことから「入 札は好調だった」と指摘。「特に長期債にとって経済指標と米金融当局 が大きな懸念材料だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇の2.70%。同年債(表面利率2.75%、2023年11月償 還)価格は5/32下落の100 15/32。

既発7年債の利回りは2bp上昇の2.15%、既発5年債の利回りは 1bp上昇の1.51%。

初めて発行された2年物変動利付債(発行額150億ドル)を含め、 1月に発行された中長期債(発行総額1900億ドル)の応札倍率は3.05倍 と、昨年1月以来の高水準となっている。昨年1月は3.11倍だった。

5、7年債入札

7年債入札で最高落札利回りは2.190%。入札直前の市場予想 は2.201%だった。投資家の需要を測る指標の応札倍率は2.65倍と、過 去10回の2.55倍を上回った。

5年債入札(発行額350億ドル)の結果によると、最高落札利回り は1.572%。入札直前の市場予想は1.570%だった。

第4四半期のGDP成長率は前期比年率で3.2%増と、予想と一致 した。第3四半期は4.1%増と、ほぼ2年ぶりの高成長だった。

全米不動産業者協会(NAR)が30日発表した12月の中古住宅販売 成約指数(季節調整後)は前月比8.7%低下。2010年5月以来の大幅な 落ち込みとなった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想 中央値は0.3%低下だった。前月は0.3%低下(速報値0.2%上昇)に下 方修正された。

逃避需要も根強く

新興市場通貨の下落と中国製造業の減速を示す指標は米国債の支援 材料となった。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが30日 発表した1月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は49.5。昨 年12月の50.5から低下し、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト14人の予想中央値(49.6)も下回った。

BNYメロン・キャピタル・マーケッツの米国債トレーディング責 任者、ダン・マルホランド氏は「新興市場はかなり脆弱(ぜいじゃく) なため、米国債への需要が続くだろう」と指摘した。

原題:Treasuries Fall as Refuge Demand Eases While U.S. Auctions Debt(抜粋)

◎NY金:反落、6週ぶり大幅安-GDP統計で緩和縮小の継続見込む

ニューヨーク金先物相場は反落。6週間ぶりの大幅安となった。米 経経済成長の加速が示唆されたことを背景に、金融当局が緩和縮小を継 続するとの観測が強まった。昨年10-12月(第4四半期)の米実質国内 総生産(GDP)は前期比年率3.2%増加した。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「きょう の指標は景気が回復しつつあることを示している」と指摘。「ドルの強 さも金にはマイナスに作用している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比1.6%安の1オンス=1242.50ドルで終了。中心限月として は昨年12月19日以来の大幅下落となった。

原題:Gold Prices Falling Most in Six Weeks Lead Precious-Metal Slump(抜粋)

◎NY原油:反発、年初来の高値-米GDP統計を好感

ニューヨーク原油先物相場は反発。年初来の高値を付けた。昨年第 4四半期の実質米国内総生産(GDP)が個人消費を中心に伸びたため 買いが入った。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイ ス)の市場担当チーフストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は 「GDP統計は非常に良好だ。米国の石油需要は強くなっている。寒冷 な天候は常に原油の支援材料になってきた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比87セント(0.9%)高の1バレル=98.23ドルと、終値としては12月31 日以来の高値となった。

原題:WTI Crude Rises to 2014 High as Data Show U.S. Economic Growth(抜粋)

◎欧州株:上昇、ジボーダンとロシュに買い-月間ベースの下げ幅縮小

30日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数は月 間ベースでの下げ幅を縮小した。ジボーダンやヘネス&マウリッツ (H&M)などの決算が注目された。

スイスの香水メーカー、ジボーダンは6.3%上昇。2013年の純利益 がアナリスト予想を上回った。同国の製薬会社ロシュ・ホールディング は4.3%高。同社の増収増益見通しが好感された。一方、英酒造会社デ ィアジオは4.7%安。アナリスト予想ほど売り上げが伸びなかったこと が売り材料。スウェーデンの衣料小売りH&Mは3.6%下げた。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%高の323.32で終了。一 時0.7%安となったほか、0.6%上昇する場面もあった。前月末比では昨 年6月以来の大幅安となっている。

UBS(チューリヒ)のアセットアロケーション責任者、マーク・ アンダーセン氏はインタビューで、「欧州株は驚異的に上げてきた。増 益期待が大きな要因だった」発言。その上で、「その実現を企業に迫る 圧力は高まっている。今年の利益見通しが高過ぎないかどうかを投資家 は考え始めるかもしれない」と付け加えた。

30日の西欧市場では18カ国中12カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は0.6%、独DAX指数は0.4%それぞれ上げた。英 FTSE100指数は0.1%安となった。

原題:European Stocks Advance; Givaudan, Roche Gain as Diageo Declines(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、2年債利回り11月来の低水準-インフレ抑制

欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、2年債利回りは昨年11月以来 の低水準となった。1月の独インフレ率が前月と変わらなかったことか ら、欧州中央銀行(ECB)が低金利政策を維持するとの見方が強まっ た。

ドイツのインフレ期待を示す10年物の通常国債とインフレ連動債の 利回り格差(ブレークイーブンレート)は2012年5月以降で最小となっ た。バークレイズはユーロ圏のインフレ見通しを下方修正した。イタリ ア10年債は上昇。5年債入札で平均落札利回りが過去最低となったこと で、新興市場売り浴びせが及ぼす影響への不安が和らいだ。ECBは2 月6日の定例政策委員会で金融政策を決定する。

INGグループの債券ストラテジスト、アレッサンドロ・ジアンサ ンティ氏(アムステルダム在勤)は、「インフレに関してこうした下向 きのトレンドがある限り、ECBが緩和的な政策を変更する心配はな い。これが今後もドイツ国債を支える」と発言した。

ロンドン時間午後4時21分現在、ドイツ2年債利回りは前日比2ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.095%。一時 は0.092%まで下げた。同国債(表面利率0%、2015年12月償還)価格 は0.03上げ99.825。10年債利回りは3bp下げて1.72%。

ドイツ10年国債のブレークイーブンレートは2bp縮小し141b p。これは終値ベースで2012年5月31日以降で最小。

ドイツ連邦統計局がこの日発表した1月の消費者物価指数( CPI)速報値は、欧州連合(EU)基準で前年同月比1.2%上昇と、 伸び率は昨年12月から変わらず。エコノミスト予想は1.3%上昇だっ た。1月の指数は前月比では0.7%低下した。

英国債相場はほぼ変わらず。10年債利回りは1bp低下し2.75%。 一時は2.72%まで下げ、昨年11月20日以来の低水準を付けた。同国債 (表面利率2.25%、2023年9月償還)価格はこの日、0.105上 げ95.815。

原題:German Yields Fall to 2-Month Low as Inflation Misses Estimates(抜粋) Pound Declines Third Day Versus Dollar After Fed Slows Stimulus (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE