PIMCOはメキシコとブラジルの国債購入-メイザー副CIO

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のスコット・メイザー副最高投資責任 者(CIO)は、新興市場資産が売りを浴びる中、同社が過去1カ月間 にメキシコとブラジルの国債を購入したことを明らかにした。

メイザー氏によると、PIMCOはこの2市場の自国通貨建て資産 を積み増した。同社ではメキシコの5-10年債とブラジルの3-5年債 を選好しているという。新興国の20通貨で構成する指数は今年に入っ て2.7%下落。同氏はこうした新興市場の下げについて、個々の国を区 別せずに新興市場を単一の資産として売買した投資家によって引き起こ されたと指摘した。

メイザー氏はドイツのマンハイムでのインタビューで、投資家は 「不安を感じる資産を保有しているため、こうした資産をすべて売却し てしまう」と発言。「積極的に売るべきではない、規模が大きめの市場 でさえもその影響を受けている」と述べた。

原題:Pimco Buys Mexico, Brazil Debt as Mather Says Selloff Too Broad(抜粋)

--取材協力:Keith Jenkins、Alexis Leondis. Editors: Paul Dobson, Brendan Walsh

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE