アジア株:下落-米緩和縮小継続や中国HSBC製造業PMI

30日のアジア株式相場は下落。米連 邦公開市場委員会(FOMC)が緩和縮小の継続を決定したほか、英 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表した中 国製造業購買担当者指数(PMI)で、製造業活動の縮小が示された。

円相場の上昇を受け、ホンダなど日本の輸出関連株が安い。世界2 位の上場ワインメーカー、豪トレジャリー・ワイン・エステートはシド ニー市場で20%下落。減益決算を明らかにしたことが響いた。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時7分(日本時間同3 時7分)現在、前日比1.5%安の134.65。全10業種が下落している。月 間では4.7%下げており、このままいけば昨年5月以来の大幅な下げと なる見通し。

原題:Asian Stocks Slump on Fed Cuts to U.S. Bond Buying, China PMI(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien. Editors: John McCluskey, Sarah McDonald

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE