馬が彫られた金のペンダント、中国宝飾業者の売り上げけん引

中国北京市の西部にあるショッピン グモールで、ジアン・シュエさん(42)は走る馬が彫刻された金製の長 方形のペンダントを指さし、経理の仕事で得た月給の半額を支払った。 この宝飾品販売店は、香港を拠点とする周大福珠宝集団が運営してい る。

世界で最多の人口を擁する中国では31日から春節(旧正月)の連休 が始まる。えとが「へび」から「うま」へと変わる春節を前に、ジアン さんら数百万人が今週、贈り物を購入している。

ジアンさんが購入したのは母親へのプレゼントで価格は690ドル (約7万円)。周大福の売上高は昨年10-12月に26%増加した。年間ベ ースの金相場が昨年、1981年以降で最大の下落を示し、宝飾品や金貨、 金の延べ棒の製造コストは低下した。周大福の株価は安値を付けた昨年 6月以降、54%上昇しており、中国の株式指数を上回っている。アナリ スト29人中21人が同社の株式の購入を推奨している。

「年配者は金が幸運をもたらすと信じており、価値を認めている。 子供たちに金製のプレゼントを贈ると、若いうちから投資について教え ることができる」。ジアンさんはそう話し、その店で売り切れになって いた、めいとおいに贈る小さいサイズの馬のお守りを探して他の店へと 向かった。

昨年の金相場下落などに伴い、世界の金連動型上場投資信託( ETF)の価値は734億ドル減少したが、中国の金需要は高まってい る。同国では金は伝統的に価値の保存手段となっている。代替投資先が ほとんどない人々は、金相場下落を金の延べ棒や金貨、宝飾品を購入す る好機と捉えている。

原題:Gold Horses Lead Chinese Retailers to Profit on Bullion’s Slump(抜粋)

--Feiwen Rong, 取材協力:Alexander Davis. Editors: Brett Miller, Sungwoo Park

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE