NY原油先物時間外:堅調-米寒波で留出油の需要増加

ニューヨーク原油先物相場は30日の 時間外取引で堅調。月間ベースでは1月として2010年以来の大幅な下落 になりそうだ。留出油の需要が増えている一方で、原油の在庫は2週連 続で増加した。

原油先物相場は一時、0.3%上昇。前日の通常取引は5セント安で 引けた。米エネルギー情報局(EIA)によると、ヒーティングオイル (暖房油)を含む留出油の需要は寒波の到来で約6年ぶりの高水準に達 した。先週の原油在庫は640万バレル増加した。ブルームバーグ・ニュ ースの調査では225万バレル増が予想されていた。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査責任者、マイケル・ウィトナ ー氏は電子メールで送付したリポートで、「今週発表された統計は原油 には弱材料、石油製品には強材料となった」とし、留出油在庫の減少は 「米北東部に到来した寒波によるものだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシドニ ー時間午前11時36分(日本時間同9時36分)現在、16セント高の1バレ ル当たり97.52ドルで推移。全先物限月の取引高は100日平均を約69%下 回った。1月の下落率は0.9%。

原題:WTI Pares Monthly Loss as Distillate Demand Climbs on U.S. Cold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE