FOMCは「自動操縦」で量的緩和縮小-市場関係者コメント

米連邦公開市場委員会(FOMC) は28-29日に開催した定例会合で、債券購入額を100億ドル縮小し、 月650億ドルにする方針を決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。