欧州株:下落、自動車と小売り銘柄が安い-新興市場通貨安で

29日の欧州株式相場は下落。自動車 株と小売り銘柄の下げが目立った。トルコ中央銀行が利上げに踏み切っ たものの、同国のリラを含め新興市場通貨を下支えする効果は長続きし なかった。

イタリアの自動車メーカー、フィアットは4.1%安。利益がアナリ スト予想を下回ったことが嫌気された。スウェーデンのノルデア銀行 は2.3%下落。同行の最高経営責任者(CEO)が成長減速への対応で 一段の人員削減が必要との認識を示した。英高級バッグメーカー、マル ベリー・グループは27%急落。通期の税引き前利益が市場予想を下回る との見通しが売り材料。一方、英鉱山会社アングロ・アメリカン は5.7%上昇。第4四半期にプラチナ生産が25%増えた。

ストックス欧州600指数は前日比0.6%安の322.39で終了。一時 は1.5%下げた。トルコ中銀の利上げを手掛かりに1.2%上昇する場面も あった。

コメルツ銀行の株式ストラテジスト、マルクス・ウォルナー氏(フ ランクフルト在勤)は「新興市場通貨の影響で、この日の株式市場は不 安定だ」とし、「トルコ中銀による利上げも下支えとなっていないもよ うで、こうしたことから株式市場で懸念が再燃している。この日のトル コ・リラを見れば分かるように、問題はまだ解決されずに続いている」 と語った。

ブルームバーグが集計する新興市場通貨20通貨で構成される指数は この日、0.2%下げた。下落日はここ13日で12回目。トルコ・リラはド ルに対して一時上げていたものの、その後は3%安まで値下がりした。

29日の西欧市場では18カ国中16カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数は0.4%安。独DAX指数は0.8%、仏CAC40指数 は0.7%それぞれ下げた。

原題:Europe Stocks Drop as Carmakers, Emerging-Market Currencies Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE