スプリント株が下落、Tモバイル買収を当局が阻止との懸念で

29日午前の米株式市場で、携帯電話 サービス会社スプリントの株価が一時、半年余りで最大の下げとなっ た。同社が関心を示しているTモバイルUS買収が当局に阻止されると の懸念が広がった。

事情に詳しい関係者が述べたところによれば、スプリントの経営陣 はTモバイルとの合併の可能性をめぐり、米司法省の反トラスト法(独 占禁止法)担当当局者と今月会合を持ったが、司法省側の反応は冷やや かだったという。同関係者は、この会合が非公開だったことを理由に匿 名を条件に語った。

この司法省側の反応に関する報道を受け、スプリント株はこの日一 時、前日比6.9%安となった。これは日中ベースでは昨年7月のソフト バンクによる買収以降で最大の下げ。ニューヨーク時間午前10時53分現 在は3.8%安の8.52ドル。Tモバイルは2.7%下落の31.44ドル。

原題:Sprint Falls Amid Concern Possible T-Mobile Deal Will Be Blocked(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE