ダウ・ケミカル:10-12月利益は予想以上、プラスチック良好

売上高で米化学品メーカー最大手、 ダウ・ケミカルが発表した10-12月(第4四半期)決算は利益がアナリ スト予想を上回った。低コストの米国産シェールガスのおかげで同社の プラスチック部門は引き続き良好だった。

発表資料によると、純利益は9億6300万ドル(1株当たり79セン ト)、前年同期は7億1600万ドル(同61セント)の純損失だった。一部 項目を除くベースでの1株当たり利益は65セント、ブルームバーグがま とめた予想平均値(同43セント)を上回った。

売上高は144億ドルと、前年同期の139億ドルから増加。アナリス ト14人の予想平均値(141億ドル)を上回った。

ダウは四半期配当を32セントから37セントに引き上げたことも発表 し、自社株買い計画の規模を45億ドルと、これまでの15億ドルから拡大 したことを明らかにした。

原題:Dow Chemical Earnings Beat Estimates as Plastics Gain on Gas (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE