アジア・太平洋株式サマリー:中国、香港株上昇-インド株続落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は5営業日ぶりに反発。米連邦公開市場委員会 (FOMC)が29日まで2日間の日程で開催される中、トルコ中央銀行 が世界金融市場を混乱させた通貨安に歯止めをかけるため、大幅利上げ に踏み切ったことを好感した。

時価総額でアジア最大のインターネット企業、テンセント・ホール ディングス(騰訊、700 HK)は5.8%高。同社の「ウィーチャット・ペ イメント」が利用者を呼び込むだろうとクレディ・スイス・グループが 指摘した。

おむつメーカーの恒安国際集団(1044 HK)は6.9%高。JPモルガ ン・チェースが投資判断を引き上げた。世界最大のパソコン(PC)メ ーカー、レノボ・グループ(聯想集団、992 HK)は4.6%上げ、2000年 4月以来の高値を付けた。一方、この日が取引初日の港灯電力投資 (HKエレクトリック・インベストメンツ、2638 HK)は2%下げた。

ハンセン指数は前日比180.97ポイント(0.8%)高の22141.61と、 今月8日以来の大幅上昇となった。前日は5カ月ぶり安値だった。ハン セン中国企業株(H株)指数は同1.4%高の9898.02で終了。中国本土の 金融市場は春節(旧正月)の連休に伴い、今月31日から2月6日まで休 場となる。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は、 「FOMCでサプライズがない限り、トルコのような新興国が通貨の安 定化に動く中、市場の地合いは徐々に安定するだろう」と指摘。「株式 市場は米株高を受けてやや反発する見通しだが、春節を控え全体的なセ ンチメントは引き続き慎重だ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は続伸。バリュエーション(株価評価)が記録的な低 水準で推移していた銀行株などに買いが入ったほか、情報技術(IT) 関連銘柄が大幅に値上がりした。

中国民生銀行(600016 CH)は2.6%高。華夏銀行(600015 CH) は1.1%高。深圳証券取引所での取引がこの日始まった東方網力科技 (300367 CH)など7社の株価は値幅制限いっぱいまで上昇し、売買が 一時停止となった。石炭生産の大同煤業(601001 CH)は2.6%下げ、7 年ぶり安値を付けた。2013年通期が赤字になったもようだと発表した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比11.40ポイント(0.6%)高の2049.91で終了。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は0.4%高 の2227.78で引けた。中国本土の金融市場は春節(旧正月)の連休に伴 い、今月31日から2月6日まで休場となる。

正徳人寿保険の呉侃マネーマネジャーは、「連休を控え相場は安定 するだろう」と指摘。「景気が依然勢いを欠いていることから、避難先 として低バリュエーション株を求める動きが一部に見られる」と述べ た。

ブルームバーグのデータによると、CSI300の金融株指数の株価 収益率(PER)は向こう1年間の予想1株利益ベースで5.7倍と、10 の業種別指数で最も低い。20日には過去最低の5.5倍となった。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のS&Pセンセックス指数は4営業日 続落し、月間ベースでは昨年8月以来の大幅安となっている。米連邦公 開市場委員会(FOMC)の緩和策縮小に関する決定が注目されてい る。

産銅会社セサ・スターライトは約2週間ぶりの安値を付けた。イン ドステイト銀行が1.4%下げるなど、銀行株は総じて安い。一方、マル チ・スズキ・インディアは3カ月ぶり大幅高。同銘柄の投資判断をマッ コリー・グループが引き上げたことが買い材料。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比36.21ポイント(0.2%) 安の20647.30で終了。月初来では2.5%下げている。

ブルームバーグが実施したエコノミスト調査によると、この日に2 日間の会合を終了するFOMCは、今回も月間の債券購入額を100億ド ル縮小する決定を下すと見込まれている。ブルームバーグがまとめたデ ータによれば、米量的緩和を手掛かりに海外投資家は2013年にインド株 を200億ドル購入。これはアジアでは日本株購入に次ぐ規模だった。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比53.90ポイント(1%)高 の5229.01。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比24.22ポイント(1.3%)高の1941.15。

【台湾株式市況】

台湾株式市場は春節(旧正月)の連休のため休場。取引は2月5日 に再開される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE