独ダイムラーCEO後継候補レンシュラー氏が即日辞任

世界3位の高級車メーカー、ドイツ のメルセデス・ベンツで業務責任者を務めていたアンドレアス・レンシ ュラー氏が辞任した。同氏は、親会社ダイムラーのディーター・ツェッ チェ最高経営責任者(CEO)の後継候補の1人とされていた。

29日の発表資料によると、メルセデス・ベンツで製造と購買を統括 していたレンシュラー氏(55)は、即時の辞任・退社を申し出た。詳細 は明らかにされていない。

ダイムラー勤続25年のレンシュラー氏は以前はトラック部門を統括 していたが、もう1人のCEO後継候補ウォルフガング・ベルンハルト 氏と担当分野を交換する形で昨年、メルセデス・ベンツの業務責任者に 就いたばかりだった。事情に詳しい関係者2人によると、辞任の理由は メルセデスで決定を下す十分な権限が与えられていなかったためで、レ ンシュラー氏は自由に戦略計画を策定できたトラック部門の経営を好ん でいたという。

バーンスティーン・リサーチ(シンガポール)のアナリスト、マッ クス・ウォーバートン氏は29日付のリポートで、「CEO候補の2人の うち1人が脱落した」とし、「市場では常にベルンハルト氏の就任が望 まれていた」と語った。

原題:Daimler CEO Candidate Renschler Resigns After Swapping Jobs (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE