中国人民元、2週間ぶり安値-中心レート引き下げで

中国人民元は29日、ドルに対して下 落し約2週間ぶりの安値となった。新興市場への資金流入を加速させた 緩和策をめぐる米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定を控え、中国 人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き下げた。

人民銀は中心レートを0.03%元安方向の1ドル=6.1073元に設定。 中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海市場で前 日比0.07%安の6.0553元と、16日以来の安値で終了した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、元の1年物ノンデリバ ラブル・フォワード(NDF)は香港市場でほぼ変わらずの6.1174元。 元はオフショア市場でほぼ変わらずの6.0290元。

原題:Yuan Drops to 2-Week Low as PBOC Cuts Fixing Before Fed Decision(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE