韓国、原子炉2基の建設を承認-福島原発事故後で初

韓国は29日、原子炉2基を建設する 総額7兆6200億ウォン(約7300億円)規模の計画を承認したと発表し た。東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故後に韓国が原子炉 建設を認可したのはこれが初めて。

産業通商資源省が電子メールで配布した声明によれば、新古里原発 の5・6号機は9月に着工し、2020年12月までに完成する予定。

原題:South Korea Approves First New Reactors Since Fukushima (1)(抜粋)

--取材協力:Shinhye Kang. Editors: Stuart Biggs, Sungwoo Park

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE