ロンドン外為:円とフラン下落-トルコ利上げで安心感

ロンドン時間29日午前の外国為替市 場では、円とスイス・フランが主要通貨に対して下落。トルコ中央銀行 が通貨リラ防衛のため大幅な利上げを実施したことで安心感が広がり、 質への逃避が後退した。

トルコ中銀は1週間物レポ金利を4.5%から10%に引き上げた。投 資家には翌日物貸出金利よりも同金利を指標とすべきだと呼び掛けた。 この日決定を発表する米連邦公開市場委員会(FOMC)は月々の資産 購入額を100億ドル減らすと見込まれている。

ロンドン時間午前7時32分(日本時間午後4時32分)現在、円は対 ドルで0.3%安の1ドル=103円27銭。対ユーロでは0.3%安の1ユーロ =141円12銭。ドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.3666ド ル。スイス・フランは0.2%安の1ドル=0.8993フラン。

トルコ・リラは3.1%高の1ドル=2.1825リラで推移している。

原題:Yen Declines as Turkey Action Cuts Haven Demand; Aussie Advances(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE