台湾当局、2人目のフォックスコン元幹部を拘束-収賄容疑で

台湾系の富士康科技集団(フォック スコン)元幹部が28日、納入業者からの収賄容疑で台湾の司法当局に拘 束された。台湾当局による同社の元社員拘束は2人目となった。

台北地方法院検察署次席の黄謀信氏が29日の電話取材に応じ語った ところでは、元幹部は最長で2カ月拘留の見込みだが、捜査当局がさら に2カ月の拘留延長を求める可能性もある。

同社に電子メールでコメントを求めたが、これまでのところ返信は ない。元幹部は事情聴取後、他の元従業員2人と共にいったん保釈され ていた。別の元幹部は22日以降、拘束されている。

米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」な どの生産を受託しているフォックスコンは先週の台湾証券取引所への届 け出で、当局による贈収賄捜査に協力しているとコメントした。台湾の 週刊誌、壱週刊は昨年1月、中国当局が供給業者からの収賄容疑でフォ ックスコンの幹部1人を深圳で逮捕したと報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE