【海外アラカルト】「花はどこへ行った」のシーガー氏死去

米国のフォーク歌手でベトナム反戦運動などに関わり、ボブ・ディ ランやピーター・ポール&マリー、ブルース・スプリングスティーンら のミュージシャンに影響を与えたピート・シーガー氏が27日、死去し た。94歳だった。AP通信がシーガー氏の孫の話を引用して伝えたとこ ろによると、同氏は6日間入院していたニューヨークの病院で亡くなっ た。代表曲にベトナム戦争に抗議した「花はどこへ行った」や「天使の ハンマー」、「ターン・ターン・ターン」などがある。また、賛美歌だ った「ウィ・シャル・オーバーカム(勝利を我らに)」を公民権運動を 象徴する歌にした。(28日)Pete Seeger, Folk Singer Who Led Social Activism, Dies at 94 (1)

中国には900万人余りの認知症患者がいるが、治療できる資格を有 する医師はわずか300人程度。同国北部の村で農業を営むシ・アンチュ エンさんは71歳。シさんがまきを割るときでも市場に出かけるときで も、同い年の妻のユフアさんが常に物静かに後ろを付いて歩く。ユフア さんは認知症患者でシさんは終日ユフアさんを介護する必要があり、そ のため土地を耕すことはあきらめた。村にある唯一の介護施設は精神的 な疾患患者は受け入れず、シさんは妻の治療のためバスで片道3時間か けて北京の病院に通わなくてはならない。高齢者介護でアジア市場進出 を目指す企業への助言を手掛ける米ルビコン・ストラテジー・グループ のマネジングディレクター、ベンジャミン・ショバート氏は「中国で認 知症にかかると、状況は厳しい」と話している。(28日)At 71 Farmer Dresses Wife Amid China Alzheimer’s Crisis: Health

所得格差をめぐる論争の中心がウォール街から2600マイル(約4200 キロ)離れたマーケットストリートに移っている。この種の注目を集め るのはニューヨークのエリートが多かったが、今はサンフランシスコの ハイテク業界に目が向けられている。市内では至る所で所得格差拡大を めぐる懸念が浮上。ネット事業で成功した新興の富豪が市内に移り住み 家賃や不動産価格を押し上げ、手頃な価格の住宅がさらに取得しにくく なっている。格差をめぐる不満は街頭での抗議行動に発展し、デモ隊は グーグルの従業員を乗せたバスの運行を阻止するなどしている。住宅建 設会社の幹部ジョン・エルバーリング氏は「好況時には勝者と敗者がつ きものだ」とした上で「たとえ良い仕事に就いていても、市内では高過 ぎて住宅を買うことができない可能性が高い」と話した。(28日)San Francisco’s Income Gap Captures Wall Street Spotlight: Tech

中国当局は公安・司法部門の元トップ、周永康元共産党中央委員会 政治局常務委員の汚職調査について当局者らへの説明を始めており、近 いうちの正式発表に向けた下地を整えていると香港の英字紙サウスチャ イナ・モーニング・ポスト(SCMP)が報じた。同紙が事情に詳しい 関係者2人を引用して伝えたところによれば、説明が行われていること は周氏に対する調査が「最終段階」にあることを示唆しており、早けれ ば春節(旧正月)明けに何らかの発表が行われる可能性があるという。 (29日)China Starts Briefing Officials on Zhou Probe, Morning Post Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE