NY原油時間外:4週間ぶり高値から下落-API在庫が増加

ニューヨーク原油先物相場は29日の 時間外取引で4週間ぶり高値から下落。米石油協会(API)発表の原 油在庫が増加したことを嫌気した。

原油先物相場は一時、0.4%下落。前日の通常取引は1.8%上昇。 APIが発表した先週の原油在庫は475万バレル増加した。米エネルギ ー情報局(EIA)が29日に発表する先週の原油在庫はブルームバー グ・ニュースの調査によると225万バレル増が予想されている。

CMCマーケッツのチーフストラテジスト、マイケル・マッカーシ ー氏は、下落について「在庫統計発表を控えて強気筋の間でやや慎重な 見方が出たことを反映したかもしれない。利益確定の動きが出てもおか しくない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一 時、40セント安の1バレル当たり97.01ドルを付けた。シドニー時間午 後1時28分(日本時間午前11時28分)現在、97.17ドルで推移。前日の 通常取引は1.69ドル高の97.41ドルで引けた。終値としては昨年12月31 日以来の高値。全先物限月の取引高は100日平均を約36%下回った。

原題:WTI Crude Retreats From Four-Week High as U.S. Stockpiles Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE