エルニーニョ現象発生か-気候モデル、太平洋の水温上昇示唆

太平洋の海面水温が上昇し、オース トラリアとアジアの一部に乾燥した天候をもたらし南米での降雨量の増 加につながり得るエルニーニョ現象が向こう数カ月間に発生する可能性 があるとの見方を、オーストラリア気象庁が示した。

豪気象庁が28日発表した文書によると、大半の気候モデルが、熱帯 太平洋の海面水温が南半球の秋季と冬季を通じて上昇することを示唆し ている。一部のモデルに基づけば、海面水温の上昇は冬季の初めにエル ニーニョ現象が発生することを示唆している。豪州の秋季は3-5月 で、冬季は6-8月。

太平洋の海面水温上昇によって発生するエルニーニョ現象は世界の 天候に影響を及ぼす。農家が干ばつや過剰な降雨への対応を迫られる 中、同現象が発生すれば農産物市場の混乱につながる恐れがある。

原題:El Nino May Return as Models Signal Warming of Pacific Ocean (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE