中国外為管理局の運用責任者が退職、PIMCO出身-関係者

中国国家外為管理局(SAFE)で 外貨準備の運用責任者を務めていた朱長虹氏が退職した。事情を直接知 る関係者1人が、公表されていない情報だとして匿名を条件に明らかに した。中国の外貨準備高は世界最大。

朱氏(44)は約4年前、世界最大の債券ファンドを運用している米 パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)を去 り、SAFEの外貨準備運用責任者に就任していた。

中国の外貨準備高は2009年末時点から50%強増えて3兆8200億ドル (約394兆円)となった。中国当局による元高阻止目的の市場介入実施 や資本流入が背景だ。米国の統計によると、昨年11月現在での中国の米 国債保有は1兆3200億ドルと、09年比で約47%増加した。

SAFEにファクスでコメントを求めたが返答はない。朱氏の退職 は中国紙の第一財経日報が先に伝えていた。

--Xiaoqing Pi、Steven Yang. Editors: Scott Lanman, John Liu

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE