米社債保証コスト、7週ぶり大幅低下-新興市場株の反発などで

28日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストは約7週間ぶりの大 幅低下。1月の米消費者信頼感指数の上昇や新興市場株の反発が材料と なった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時21分(日本時間29日午前6時21分)現在、2.7ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の69.9bpと、昨年12月6日以来 の大幅な下げ。

GMPセキュリティーズの債券戦略ディレクター、エイドリアン・ ミラー氏は電話取材に対し、「新興市場が過去3営業日に比べて大幅に 改善し、世界市場のトーンが全般的に改善した」と述べた。

原題:Credit Swaps Drop Most in Seven Weeks; Goldman Sachs Sells Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE