NY原油:反発、4週間ぶり高値-消費者信頼感改善で株上昇

ニューヨーク原油相場は3日ぶりに 上昇。4週間ぶりの高値を付けた。米消費者信頼感の改善や住宅市場の 回復を示す指標を材料に株価が上昇したことが手掛かりとなった。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「株式 相場の反発と耐久財受注減少の組み合わせで、原油は上昇している。耐 久財受注は金融緩和の積極的な縮小の可能性を弱める」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比1.69ドル(1.8%)高の1バレル=97.41ドルと、終値としては12月31 日以来の高値となった。

原題:WTI Oil Surges to Four-Week High as Stocks Rebound on Confidence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE