欧州株:4日ぶり上昇、鉱山株高い-銀行株3週ぶり安値から反発

28日の欧州株式相場は上昇。指数の ストックス欧州600指数は前日まで3営業日続落し、その下げ率はここ 7カ月で最大となっていた。この日は鉱山株が買われたほか、銀行株指 数が前日付けた3週間ぶり安値から反発した。

英豪系鉱山会社BHPビリトンとリオ・ティントが上昇。スペイン のサンタンデール銀行は1.6%上げた。収入の大半を南米市場から得る 同行は前日まで8営業日続落だった。英F&Cアセット・マネジメント は6.1%の大幅高。英最古の投資ファンドを運営する同社をカナダのモ ントリオール銀行が7億800万ポンドで買収することで合意した。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%高の324.22で終了。前日まで の3営業日の下落率は4.2%だった。アルゼンチンが実質的な通貨切り 下げに踏み切り、新興市場通貨が売りを浴びていたことが背景。

ABNアムロ・プライベート・バンキング(アムステルダム)のデ ィディエ・デュレ最高投資責任者(CIO)は、「向こう2、3四半期 に、欧州企業からは予想を上回る利益の発表が増え始めるだろう」と し、「過去数日の相場下落はどちらかと言えば市場の自己調整だった。 下落は長期トレンドではなく、根本的なセンチメントは変わっていな い」と語った。

28日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。英 FTSE100指数は0.3%、独DAX指数は0.6%それぞれ上げ、仏 CAC40指数は1%高となった。

原題:European Stocks Rebound From Three-Day Decline as Miners Advance(抜粋)

--取材協力:Namitha Jagadeesh. Editors: Will Hadfield, Cecile Vannucci

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE