米金融機関のロンドン従業員、半数以上が2013年のボーナス増加

ロンドンで勤務する米国の金融機関 のバンカーとトレーダーの半数以上は、前年より高い2013年ボーナスを 受け取る。米国の投資銀行の業績好調が追い風となったもようだ。報酬 に関する情報提供会社エモルメントのデータが示した。

同社によると、ロンドンで勤務するJPモルガン・チェースとモル ガン・スタンレー、シティグループ、ゴールドマン・サックス・グルー プの投資銀行と市場関係業務担当の従業員の約52%が、前年より高いボ ーナスを支給されると回答。前年比で30%以上の増加と回答したのは 約15%だった。

ニューヨークのコンサルティング会社フリーマンによれば、合併・ 買収(M&A)や新規株式公開(IPO)関連で投資銀行が受け取る手 数料は、2013年に北米で5%増えたが西欧では1%の伸びにとどまっ た。

エモルメントのロバート・ベンソン最高経営責任者(CEO)は 「米国での13年の銀行業活動が活発だったことが、米金融機関に務める ロンドンの行員のボーナスにも影響した」と指摘した。「今から出てく る欧州の銀行の数字にも注目している。米銀ほどではないが、前の年か ら改善しているはずだ」と語った。

原題:Most Bankers at U.S. Firms in London Getting Higher 2013 Bonuses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE