ウクライナ大統領が野党に譲歩案提示-信任投票を控えて

ウクライナのヤヌコビッチ大統領は 先週から激化している反政府デモの沈静化を目指し、内閣の不信任決議 案の採決前に野党に譲歩案を提示した。

同大統領は27日、政府建物を占拠しているデモ隊が撤退する代わり にデモを規制する法律を廃止し、反政権デモの逮捕者への恩赦を提案す ることで野党指導者と合意した。野党側は譲歩案にすぐには回答しなか った。

ヤヌコビッチ大統領が昨年11月に欧州連合(EU)との協力協定の 締結を見送ったことで抗議デモは首都キエフから各地に広がり、大統領 は事態の収拾に苦慮している。ウクライナはロシア産エネルギーの欧州 への輸送ルート上にある。

ティモシェンコ前首相率いる野党連合・祖国に所属するオレクサン ドル・トゥルチノフ氏は大統領との4時間の会合に先立ち、「対立と混 乱の拡大を食い止めるチャンスはある」とテレビ放送で説明。「同時 に、内閣退陣に関する問題で採決を行う可能性もある」と述べた。

ウクライナ議会は28日に臨時会合を開き、内閣への不信任決議案を 審議する。

原題:Ukraine Leader Offers Compromise Before Cabinet Confidence Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE