ヘッジファンドのディスカバリー、改革進展のメキシコを選好

ロブ・シトロン氏が率いる150億ド ル(約1兆5400億円)規模のマクロヘッジファンド運営会社、米ディス カバリー・キャピタル・マネジメントは、メキシコ経済が力強さを増す と予想している。ローレンス・フィンク氏率いる世界最大の資産運用会 社、ブラックロックやビル・グロース氏率いるパシフィック・インベス トメント・マネジメント(PIMCO)も同様の見方を示している。

ブルームバーグ・ニュースが入手したディスカバリーの顧客向け書 簡の写しによると、同社は「メキシコは2014年のロング(買い持ち)戦 略で最も確信が持てる投資先だ」と説明。「メキシコは13年に、全ての 新興国の中で最も野心的で革命的な改革政策に取り組んだ。世界的に見 て、メキシコの改革は日本にさえも勝ると考えている」と述べた。

国営エネルギー業界への民間投資拡大と税収増を公約するペニャニ エト大統領が就任した12年以降、メキシコの信用格付けは引き上げられ ている。ブラックロックのフィンク最高経営責任者(CEO)は昨年、 この計画によりメキシコが世界有数のエネルギー生産国となり、投資ブ ームが巻き起こると予想。同国への投資を選好すると述べた。

シトロン氏は1999年にディスカバリーを創業。投資リポートによる と同社の主要ファンドの昨年のリターンはプラス27.5%だった。ブルー ムバーグが集計したデータによれば、マクロファンド全般の昨年の運用 成績はマイナス約2.2%。

ディスカバリーの広報担当者、パトリック・クリフォード氏はコメ ントを控えた。

原題:Citrone’s Discovery Hedge Fund Joins BlackRock in Bet on Mexico(抜粋)

--取材協力:Boris Korby. Editors: Christian Baumgaertel, Sree Vidya Bhaktavatsalam

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE