個別銘柄:任天堂やソニー安い、スクエニH活況、JSR急落

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

任天堂(7974):前日比4.1%安の1万2720円。ゴールドマン・サ ックス証券では、投資判断を「中立」から「売り」へ引き下げた。市場 は画期的な経営戦略の導入を期待しているが、株価はそうした楽観的見 方を過度に織り込み済みと指摘。14年3月期営業損益予想を373億円の 黒字から327億円の赤字(会社計画350億円の赤字)、来期を778億円の 黒字から98億円の黒字にそれぞれ下方修正した。新たな目標株価は1 万1000円。

ソニー(6758):2.7%安の1665円。格付け会社ムーディーズ・ジ ャパンは同社の発行体格付けと長期シニア無担保社債格付けを「Baa 3」からジャンク級(投機的格付け)の「Ba1」に引き下げたと発表 した。収益回復の遅れを懸念したことが要因としている。見通しは「安 定的」とした。

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):3.4%高 の2669円。「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズ初のスマートフ ォン・タブレット向けゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ スーパ ーライト」が、サービス開始4日間で100万ダウンロードを突破したと 発表。東証1部売買代金首位となった。

日立国際電気(6756):3%高の1456円。14年3月期営業利益予想 を125億円から155億円に増額した。前期比では2.5倍へ増益幅が拡大す る。エコ・薄膜プロセス部門でのロジックメーカーやファウンドリーの 設備投資継続などで受注が急増したことが要因。ゴールドマン・サック ス証券では、業績の着地ならびに会社新計画は市場コンセンサスを上回 るポジティブサプライズだと指摘した。

JSR(4185):6.2%安の1809円。きのう午後に昨年4-12月決 算を発表したことを受け、大和証券では実績は従来の会社計画および同 証券予想を下回る進行で印象はネガティブと指摘。今期の下方修正リス クを残していることや今期が減益に転じる可能性があること、来期予想 株価収益率(PER)で割安感が見出しにくいなどとして、短期的には 慎重な投資スタンスが妥当とした。下落率はきのうを上回った。

川崎重工業(7012):2%高の462円。JPモルガン証券は投資判 断を「オーバーウエート」へ引き上げた。精密機器事業の油圧機器と船 舶事業はサイクルのボトム圏にあるなどとし、2014年3月期営業利益予 想を560億円から678億円(会社計画600億円)、来期を650億円から805 億円に増額、再来期を905億円と予想した。新たな目標株価は550円。ま た、会社側は28日午前、ノルウェー社と大型オフショア作業船の造船契 約を締結したと発表した。

アイ・オー・データ機器(6916):100円(15%)高の766円と、ス トップ高。14年6月期の連結営業利益見通しを11億円から前期比2.4倍 の15億円に上方修正した。「ウィンドウズXP」の移行需要と年末商戦 の盛り上がりから、上期(13年7-12月)に液晶モニターやハードディ スクの販売が好調に推移したことなどを踏まえた。

KDDI(9433):3.1%安の5781円。クレディ・スイス証券は投 資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げた。同社個別要 因での格下げではなく、従来以上に国内移動体通信事業のマクロ環境を 厳しく見る必要があると判断したとしている。通信セクター投資評価は 「オーバーウエート」から「マーケットウエート」に下げ。

日立ハイテクノロジーズ(8036):6%安の2318円。13年4-12月 営業利益は前年同期比16%減の136億円だった。ファインテックシステ ム部門がハードディスク関連製造装置などの低迷で大幅な減収となっ た。前期比48%増の280億円とする14年3月期計画に対する進捗率 は48%にとどまる。

日立化成(4217):3.1%安の1490円。14年3月期営業利益予想 を310億円から280億円(前期比19%増)に減額修正した。タッチパネル 周辺材料や銅張積層板、タイの製造拠点での自動車部品の売り上げが想 定を下回ることが要因。ブルームバーグ・データによるアナリスト17人 の同予想平均値は306億円だった。

太陽誘電(6976):4.9%安の1307円。クレディ・スイス証券では 投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。新目標 株価は1200円。来期以降の増益率も高くなく、バリュエーションも来期 PER21倍とセクター平均の17-18倍に対し割高感は否めない、との見 方を示した。

やまびこ(6250):1.9%高の3585円。コスト低減を狙い、産業機 械製品の主要構成部品を製造する子会社をベトナムのホーチミン市近郊 に設立したと発表。8月に稼働開始の予定で、今後の採算性向上につな がるとみられた。

アトム(7412):2.1%高の538円。13年4-12月営業利益は前年同 期比38%増の23億2800万円だった。アトム北海道の連結子会社化の効果 もあり、主力のレストラン事業が伸長。中でも、ステーキ宮業態の店舗 数が第3四半期末に100店舗に乗せ、売り上げ、利益とも好調だった。 前期比17%増の28億7200万円を維持した14年3月期計画に対する進捗率 は81%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE