ブラジル株:ボベスパは続落-国内成長見通しの下方修正を嫌気

27日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が3営業日続落。エコノミストがブラジルの成長率予想 を引き下げたことから、酒造会社アンベブを中心に消費関連株が売られ た。

アンベブは2.4%安。消費財メーカーのイーペルマルカスは1.7%下 落し、半年ぶりの安値。一方、住宅建設会社ブルックフィールドは4% 上昇。増資や上場廃止を計画していることを明らかにした。オンライン 販売のB2Wコンパニア・ディジタルは42%値上がり。支配株主と米投 資会社に新株を売却する増資計画が好感された。

ボベスパ指数は前週末比0.2%安の47701.05で終了。指数を構成す る72銘柄のうち36銘柄が下落した。ブラジル中央銀行が27日公表したエ コノミスト約100人を対象とする調査の結果によれば、今年の経済成長 率の予想は1.91%(中央値)と、前週の2%から引き下げられた。15年 の予想も2.5%から2.2%に下方修正された。通貨レアルはサンパウロ時 間午後5時29分(日本時間28日午前4時29分)現在、1.1%安の1ドル =2.4244レアル。

ベトリアル・アセット・マネジメントのエグゼクティブディレクタ ー、ペデロ・パウロ・シルベイラ氏は電話インタビューで、「世界中の 成長シナリオは厳しいものだが、ブラジルはそれ以上に厳しい」と指 摘。「インフレは依然高水準で中銀は明らかに利上げせざるを得ない」 と述べた。

週間調査によれば、政策金利は年内に11%に引き上げると見込まれ ており、前週の10.75%から予想が修正された。ブラジル中銀は今月15 日の金融政策委員会で、政策金利を0.5ポイント引き上げて10.5%とす ることを決めた。

原題:Ibovespa Falls Third Day as AmBev Sinks on Brazil Growth Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE