リラ急反発、トルコ中銀臨時会合へ-大幅利上げか資本規制も

トルコ・リラが27日、4カ月で最大 の上昇となっている。株式と債券も下落分を埋めた。中央銀行が臨時会 合を開催すると発表し、利上げ観測が浮上した。

イスタンブール時間午後7時20分現在、リラは対ドルで2%高の1 ドル=2.2910リラ。一時は過去最低の2.39リラまで売られていた。イス タンブール100種指数は0.2%高と持ち直した。2年債利回りは3ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の10.94%と、11営業日ぶり に低下した。

中銀は「最近の展開を協議し物価安定のために必要な措置を取る」 ため、28日夕に臨時会合を開くと発表。最大3ポイントの利上げや資本 規制導入の観測が浮上した。先週の会合での金利据え置き決定がリラ売 りの一因になっていた。

ルネッサンス・キャピタルの世界チーフエコノミスト、チャール ズ・ロバートソン氏(ロンドン在勤)は2-3ポイントの利上げが必要 だとの見方を示した。

中銀が23日に重ねて介入したにもかかわらず、リラは24日までの5 日間で4.4%下落していた。この日の上昇で年初来の下落率は6.2%に縮 小した。中銀は臨時会合の結果を29日午前0時に発表する。

UBSのシニア経済顧問、ジョージ・マグナス氏はロンドンから電 話取材に応じ、「通常の金融政策の変更にしては深夜の発表というのは かなり異例だ」とし、「外貨準備を保持し資本流出を予防する策とし て、資本規制が導入される可能性が高いように思われる」と述べた。

原題:Lira Rallies as Turkey Central Bank Surprise Meeting Spurs Bonds(抜粋)

--取材協力:Taylan Bilgic. Editors: Daliah Merzaban, Zahra Hankir

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE