韓国サムスン:米グーグルと特許の相互利用で合意

韓国サムスン電子と米グーグルは27 日、世界的な特許相互利用で合意した。サムスンはグーグルの基本ソフ ト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォンメーカーで世界最大 手。

両社が同日電子メールで発表したところでは、既存の特許だけでな く、今後10年間に出願する特許も対象。関係強化を通じて、両社は訴訟 リスクを抑制可能だとしている。

サムスンは米インテルとも新OS「Tizen(タイゼン)」開発 で提携。2月にタイゼン搭載端末を日本の携帯電話最大手NTTドコモ などを通じて投入予定だったが、ドコモは16日に発売を「当面見送る」 と発表した。

IBKセキュリティーズのアナリスト、イ・スンウ氏は、「サムス ンは戦略を修正して、スマホ向けは引き続きアンドロイド搭載にこだわ り、家電やテレビなど他の製品に対応したタイゼンを開発するようだ」 と述べた。

原題:Samsung, Google Sign Agreement to License Each Other’s Patents(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE