NY原油先物時間外:小動き-寒波で暖房油需要は急増

ニューヨーク原油先物相場は27日の 時間外取引で小動き。先週は週間ベースで今年に入って最大の上昇だっ た。米本土に寒波が到来しヒーティングオイル(暖房油)需要が急増し た。

先週の上昇率は2.4%。ヒーティングオイル相場は5カ月ぶりの高 値に上昇した。米コモディティ・ウェザー・グループは米本土では1月 としては今世紀に入って最も寒くなるとの予報を出した。

アストマックスのシニアファンドマネジャー、江守哲氏は電話取材 に対し、米国の寒波によってヒーティングオイルや天然ガス価格が上が っており、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)を押 し上げていると指摘。中間留出油需要は極めて良好で、在庫が減少して いると付け加えた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシンガ ポール時間午後1時40分(日本時間同2時40分)現在、9セント高の1 バレル=96.73ドルで推移。前週末の通常取引では一時、0.6%上昇し た。終値は68セント(0.7%)安の96.64ドルだった。全限月の取引高 は100日平均を約16%下回った。

原題:WTI Holds Biggest Weekly Gain of 2014 as U.S. Cold Boosts Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE