LG電子10-12月:予想外の赤字-ウォン高や販促費用で

テレビ生産で世界2位の韓国LG電 子の昨年10-12月(第4四半期)決算は、市場予想に反して赤字となっ た。韓国ウォン高やスマートフォン(多機能携帯電話)の上位機種「G 2」のマーケティング費用が響いた。

同社は27日、昨年10-12月期の少数株主持ち分を除く純損益が634 億ウォン(約60億円)の赤字となったことを明らかにした。ブルームバ ーグがまとめたアナリスト16人の予想平均は1566億ウォンの黒字だっ た。

LGは利益率の高いスマホ上位機種の販売増を目指しており、G2 のプロモーション(販売促進)を強化している。ただ、米アップルやソ ニー、サムスン電子との競争が続く高級機市場は飽和状態に近く、減速 しつつある。

昨年10-12月の営業利益は2381億ウォン。アナリストの予想平均 (2108億ウォン)を上回った。2014年の売上高目標は62兆3000億ウォ ン。13年の実績は58兆1000億ウォンだった。

原題:LG Electronics Posts Surprise Loss on Currency Moves, Marketing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE